東京福幸株式会社 内装、外壁、床材,自然土舗装などエコ建築資材商品ラインナップを発信

ラテックスエース

LATEX ACE(合成ゴム系セメント混和剤)

古い下地の改修調整材として使用できます。

古いタイルの上にタイル貼りできます。

鉄板の上にモルタル塗工できます。


特徴

コテ塗り作業も吹付作業もよく皮張り現象が無く薄塗り作業もでき作業効率が良くなります。

コンクリート、モルタル、ガラス、磁気タイル、ゴム、各金属板、など接着性が向上します。

塩酸、硫酸、乳酸、苛性ソーダ各5%溶液にラテックスエース混入のモルタルを2週間侵漬した結果異常なし。ですから廃液溝、し尿浄化槽、化学工場の床面にも施工出来ます。

耐凍害は、プレーンモルタルの10倍サイクル試験に異常なく、耐凍害性に優れ抵抗性があります。

セメントの中性化現象を著しく遅らせ建物の老化を防ぎ、防錆性にも優れています。

減水効果があり、乾燥時に収縮率を減少させ、モルタルのひび割れを防止しクラック発生が少なくなります。

用途別標準配合例

注意事項

使用上の注意事項

セメント、骨材とラテックスエースの混練配合は定められた配合でよく混練りしてください

混練りする場合、まずセメントと骨材(砂)を空練りし、ラテックスエースを清水で希釈してからミキサーで十分に撹拌してください。

夏期等の乾燥が激しい場合はドライアウトに十分注意してください

ラテックスエースは減水効果がありますのでモルタルを少し柔らかめで練ってください

施工上の注意事項

気温5度以下及び、降雨、降雪が予想される場合は施工を避けてください

ウレタンなどを仕上げ塗りする場合はラテックスエース混入モルタルが完全硬化してから施工してください(夏期2〜3日以上/冬期3〜4日以上)

油、ワックス等油性下地には、5%苛性ソーダ溶液で洗ってから施工して下さい

安全上の注意事項

【取り扱い時】
保護具(眼鏡、ゴム手袋、マスク等)を着用してください

【皮膚付着時】
すぐに拭き取り、石鹸水で洗浄して下さい炎症が起きた場合は医師の診断を受けて下さい

【目に入った時】
直ちに大量の水で洗浄して医師の診断を受けて下さい

【誤飲した時】
直ちに医師の診断を受けて下さい

取り扱い上の注意

【漏出した時】
オガクズ、ウエス、乾燥砂等に吸収させて回収して下さい

【廃棄方法】
内容物、容器は都道府県条例に基づき焼却するか、許可を受けた産業廃棄物処理業者に処理を委託して下さい

【環境への配慮】
海、河川、湖沼、池、下水道、公共水域等への流入、及び投棄は絶対にしないで下さい


東京福幸

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional